デリケートゾーンの悩み

デリケートゾーンとは?

デリケートゾーンの悩みは、他の人に簡単に話せることではありません。
分からないことは、不安ですよね。自分で対処できることなのか、判断するためにも、デリケートゾーンについて考えてみます。

 

デリケートゾーンとは、陰部や性器の周辺のことを指します。

 

デリケートゾーンはDelicate zoneと書きますが、これは和製英語です。
英語での表現はfemale genital areaで、直訳すると「女性の生殖器の位置」でしょうか。
デリケートゾーンという方が言いやすいですね。
そして日本の造語なので、男性でもデリケートゾーンと言っても間違えではないようです。

 

脱毛のときに使うVIOという言葉があります。
何かというと、デリケートゾーンをラインで表現したものです。
「Vライン」は陰毛が生えていて、下着で隠れる三角形の場所です。
「Iライン」は陰部の中心にあたります。
「Oライン」は肛門周りを指します。
それぞれ形をアルファベットで表しているのですね。

 

では何がデリケートなのでしょうか。
体の中でも陰部の周りは、皮膚が薄い場所です。
しかも粘膜で覆われているため、外部からの刺激に、とても弱いのです。
だから少しの変化で不調を起こしやすいのです。

 

デリケートゾーンの悩みには、主にかゆみ、黒ずみ、ニオイが考えられます。

 

かゆみ
デリケートゾーンの、下着や服の摩擦だけでも、刺激と判断してかゆみを起こしてしまいます。
下着の素材によっては、蒸れやすくなると、かゆくなってしまう可能性がありますよ。

 

黒ずみ
日常的にピッタリした服を着ていると、刺激を繰り返しています。
それが原因で、ビキニライン(Vライン)に色素沈着を起こし、黒ずみへと変化することもあります。

 

ニオイ
汗は全身から出ていますよね。暑いときに出る汗は、エクリン汗腺から出る汗で、ほぼ水だから臭いはありません。
しかし汗をそのままにしておくと、雑菌が繁殖して体臭へと変わってしまいます。
そしてワキから出る汗は、アポクリン汗腺から出ています。
この汗には、アンモニアや脂肪などの成分が含まれています。
汗と雑菌が混ざると、ツンとした独特な臭いへ変わります。これをワキガと呼びます。

 

デリケートゾーンの周辺にも、アポクリン汗腺が多く分泌しています。
そして下着で覆われているため、蒸れやすい環境です。汗をこまめに拭くのも難しいため、ワキガと同じようなニオイを発生する可能性があります。
このことからスソワキガと呼ばれます。

 

デリケートゾーンは、刺激に弱い場所です。
改善に向けて取り組める方法がわかれば、安心できます。
どうしても気になるときは、専門家に相談することも大切です。