デリケートゾーンのできもの対策

デリケートゾーンのできもの対策記事一覧

 

毛嚢炎は毛穴の奥に、主にはブドウ球菌や緑膿菌が入り込み炎症が発生する症状です。ムダ毛などを処理した際に発生しやすく顔や頭皮などにできることも多いですが、女性の場合はデリケートゾーンに発生することも少なくありません。これは女性のデリケートゾーンは非常に敏感で繊細な部位であること、そして月経中にはナプキンを使用することで蒸れやすい環境下にあること、デリケートゾーンのムダ毛処理にも女性は積極的であること...

 
 

デリケートゾーンにできものができると、場所が場所だけに不安です。できものと言っても、さまざまな種類があり、ヘルペスの場合があります。粘膜の接触でヘルペスウイルスに感染することで、できものができます。だからデリケートゾーンにできるヘルペスは、主に性行為により感染するできものです。まれに感染者が使ったタオルを使用して、間接的に感染してしまう恐れもあります。症状がでているときに、デリケートゾーンを触って...

 
 

デリケートゾーンにできものができた時、それはコンジローマの可能性があります。コンジローマは「尖圭コンジローマ」と言います。性交渉によって、ウイルスが侵入することで感染するできものです。性交渉で感染するものにヘルペスもありますが、コンジローマとの違いがあります。ヘルペスには強いかゆみや痛みがありますが、コンジローマにはありません。痛みなどの症状がないため、感染したことに気づかないことが多いのです。デ...

 
 

デリケートゾーンにできものができたとき、嚢腫(のうしゅ)である可能性があります。詳しくはバルトリン腺嚢腫と言います。バルトリン腺とは、膣の入り口にあります。左右に一対になっていて、性交時に潤滑液を分泌して、痛みを和らげる役目がありますよ。このバルトリン腺が、炎症を起こして腫れてできた、できものがバルトリン腺嚢腫です。症状は軽度から重度まであり、症状の進行によって呼び方が違ってきます。まず炎症を起こ...

 
 

デリケートゾーンにできものが、できたことに気づいたときは、病院を受診することを考えますよね。場所が場所だけに、自己判断は危険です。病院で診断してもらい、なんでもなければ安心できますよね。ではデリケートゾーンにできものができたときは、病院の何科を受診すると良いのでしょう。結論から伝えると女性の場合は、デリケートゾーンの不安には、婦人科の受診をおすすめします。女性のデリケートゾーンの悩みは、生理・おり...