デリケートゾーンのできものは何科?

デリケートゾーンにできものが、できたことに気づいたときは、病院を受診することを考えますよね。場所が場所だけに、自己判断は危険です。
病院で診断してもらい、なんでもなければ安心できますよね。

 

ではデリケートゾーンにできものができたときは、病院の何科を受診すると良いのでしょう。
結論から伝えると女性の場合は、デリケートゾーンの不安には、婦人科の受診をおすすめします。

 

女性のデリケートゾーンの悩みは、生理・おりもの・痛み・ニオイ・炎症などがありますよね。イボのようなできものも、悩みのひとつです。
いつもと違う、このような症状がある時に相談できるのが婦人科なのです。
初めてデリケートゾーンにできものができたときは、それが何かも分からないため、まずは相談する必要があります。

 

そんなときに総合的な診断ができるのが、婦人科だからですよ。
そして医師とは言えデリケートゾーンを、見せなければならないのは覚悟が必要です。

 

それも婦人科であればカーテンなどで仕切られて、下半身だけを出して見せます。医師に見られている姿を見なくてすむため、羞恥心は半減します。

 

しかも医師は、それが仕事です。
本人は受診するだけで、スゴイ覚悟で行っています。
しかし病院に、いざ入ってみると、淡々と診断されて拍子抜けすることもありますよ。

 

では婦人科以外では、診断できないのでしょうか。そんなことはなく、例えばデリケートゾーンのかゆみには、皮膚科でも診断は可能です。
性病は皮膚科で診断できるからです。

 

パートナーが診断されていたときは、皮膚科でもかまいません。
しかし自分のできものが、性病かどうか分からないときがあります。覚悟を持って病院に行ったのに、また別の病院に行く事態にもなりかねません。

 

 

また産婦人科ではダメなのでしょうか。
産婦人科は産むという字が入っていることから、出産に関係した場合にかかる病院です。しかし婦人科の診療は、ダメというわけではありません。
医師によって考えが違うために、病院によっては、診てくれることもあるからです。

 

まず電話で症状を伝えて、その病院で診療できるか確認することです。
そのとき女性の医師がいるか、電話の応対が優しいかなど確かめるといいですよ。
自分の緊張がほぐれる病院かを確かめます。
そして診察ですが、ワンピースやスカートを着て行くと診察のときに便利です。患部を見せるときに、着替えしにくい服を着ていると焦るものです。

 

いずれにしても、デリケートゾーンでいつもと違う症状があるときは、病院に行くことも考えましょう。少し恥ずかしいかもしれませんが、後悔するよりは良いです。