デリケートゾーンのできもの・コンジローマ

 

デリケートゾーンにできものができた時、それはコンジローマの可能性があります。
コンジローマは「尖圭コンジローマ」と言います。
性交渉によって、ウイルスが侵入することで感染するできものです。

 

性交渉で感染するものにヘルペスもありますが、コンジローマとの違いがあります。ヘルペスには強いかゆみや痛みがありますが、コンジローマにはありません。痛みなどの症状がないため、感染したことに気づかないことが多いのです。

 

デリケートゾーンは、自分の目でチェックをしづらい場所です。
そのため性器を触って、初めてできものがあると気付きます。

 

コンジローマは潜伏期間を経過して発症するので、気付きにくいという点もあります。個人差があり、性交渉から数週間後に感染します。中には3カ月後に発症したとういう事例もあります。

 

できものは性器の周りや、膣内にできることもあります。
小さなイボができて、症状によっては何個もできる場合があります。
時間が経過すると、イボの数が増えたり、大きくなったりします。歩いていて、デリケートゾーンに違和感を覚えて、初めて気づくこともあります。そのため大きくなってから、気づくこともありますよ。

 

痛みなどがないからといって、ほおっておいても良いわけではありません。コンジローマは粘膜の接触で感染します。感染したパートナーとの性交渉での感染率が高いのもコンジローマの特徴です。
しかも一度治っても、再びできものができる確率が高いのです。

 

ほとんどの人が、3カ月以内に再発をしているとも言われています。そのため病院に受診して、治療することをおすすめします。

 

症状にもよりますが、コンジローマの場合は、塗り薬で改善が期待できます。ウイルスが増えるのを抑えて、免疫を作ることで症状を抑えます。

 

塗り薬を処方された場合は、医師の指示に従います。再発しやすいため、自分で判断して、途中で止めないようにしましょう。またはレーザー治療などの外科治療もあります。まずは婦人科で相談します。

 

パートナーが多いと、コンジローマに感染する確率も上がります。
完全ではありませんが、コンドームを使用することで感染のリスクを下げられますよ。

 

コンジローマは、ストレスや睡眠不足などで、再びできものができる恐れもあります。免疫力が弱っているときは注意が必要です。できるだけ疲れをためないようにして、規則正しい生活を送るように、心掛けましょう。