デリケートゾーンのできもの・嚢腫

デリケートゾーンにできものができたとき、嚢腫(のうしゅ)である可能性があります。詳しくはバルトリン腺嚢腫と言います。
バルトリン腺とは、膣の入り口にあります。
左右に一対になっていて、性交時に潤滑液を分泌して、痛みを和らげる役目がありますよ。

 

このバルトリン腺が、炎症を起こして腫れてできた、できものがバルトリン腺嚢腫です。症状は軽度から重度まであり、症状の進行によって呼び方が違ってきます。

 

まず炎症を起こし始めの状態を、バルトリン腺炎と呼びます。
陰部にズキズキとした痛みがあり、赤く腫れるのが特徴ですよ。
ブドウ球菌・大腸菌・連鎖球菌が、何らかの原因で陰部に入って炎症を起こします。

 

炎症を起こして粘液が詰まり、できものができる状態を、バルトリン腺のう胞と呼びます。できものは小豆くらいの大きさから、大きいものになるとピンポン玉くらいの大きさになることもあります。のう胞には、痛みがないのが特徴です。

 

バルトリン腺膿瘍(のうかい)は、バルトリン腺炎が進行して管内に膿が溜まる状態です。できものが腫れて大きくなり、激しい痛みも伴います。この痛みで、歩くのもつらい人もおり、発熱する場合もあります。

 

バルトリン腺炎やのう胞の段階で、治療を行うと飲み薬の服用で済む場合があります。
検査で菌を特定することで、その菌に効く抗生物質が処方されます。
できものの痛みがある場合は、鎮痛剤の処方もあります。
できものに気づいたときに、早目に病院に受診することで、回復も早くなることが期待できますよ。

 

症状が重くなりバルトリン腺膿瘍と診断されると、のう胞に穴を開けて膿を出すなどの処置が必要になってきます。
造袋術といい外来で治療が可能です。症状の進行具合ではのう胞の摘出手術をする場合があります。
手術が必要であることから、入院しなくてはいけません。

 

嚢腫は菌が侵入して、バルトリン腺に炎症が起きることで、できものができます。そのため菌が入り込む状況を、作らないことが大切です。小さな傷でも菌が侵入するため、性交は膣が潤っている状態が好ましいです。そして外陰部を、清潔にしておくことも大切ですよ。

 

そんなことも…と思う方もいるかもしれませんが、排尿や排便をした後は、前から肛門方向に拭くことも予防につながります。
デリケートゾーンは皮膚も薄く、刺激にも弱い場所です。
そして尿や便は、体から要らないものを排出しています。
体に良くない菌は、どこから侵入するか分からないものですよ。