洋服や下着にも注意が必要です

 

デリケートゾーンにかゆみなどの不調があらわれるときは、洋服や下着にも注意が必要です。
日頃身につけている下着などが原因で、問題が起きる場合がありますよ。

 

小さめの下着やスキニーパンツは、肌に密着しています。
このピッタリしている服が肌と摩擦を起こしやすく、刺激を与えています。
肌への刺激は、メラニン色素を増殖させて色素沈着を招くことがあります。次第に黒ずみへと変化するために注意が必要なんですね。

 

また素材にも、気を配る必要があります。
アクリルやポリエステルといった化繊は、通気性が悪く、かいた汗で湿った空気がこもります。
下着だけでなく洋服もつけているから、より湿気がこもるため蒸れます。
この蒸れた状態が続くと、嫌なニオイへと変わってしまいます。

 

いつも座っている仕事では、下着+ストッキング+スカート+椅子ともなれば、度重なる摩擦と刺激が繰り返されます。
しかし立ち仕事でもデリケートゾーンに密着した下着をつけていると、歩く度に刺激が繰り返されるため注意することが必要ですね。

 

ではデリケートゾーンのかゆみや蒸れには、何をすれば良いのでしょう。
ピタッとした服が刺激を与えているので、ゆったりとした服に替えます。
仕事で服装を替えられないときは、休みのときなど、家にいるときだけでも、肌を締め付けから解放しましょう。

 

下着は通気性の良いものに替えると、湿気がこもりません。
汗を吸収するシルクや綿は、蒸れに対処するには最適な素材です。
そして蒸れが気になるときは、ゆったりとしたショーツを選びます。
おしゃれとは離れますが、デリケートゾーンの悩みの改善にはつながります。中でもボクサータイプのショーツは、締め付けが少ないですよ。

 

ストッキングは化繊ですが、仕事などで履かなければいけない場合もありますよね。そのようなときは、夏用のストッキングを選びます。
パンティーの部分がメッシュなので、通気性が良くなりますよ。
摩擦を減らしたときは、ショート丈のストッキングを利用してもいいですね。

 

またサイズに合ったものを着ることも大切ですよ。大きすぎると、肌との擦れから刺激を与えます。逆に小さいと圧迫して血行不良を招きます。すると新陳代謝が落ちて、バリア機能が低下して黒ずみへと進行する恐れがありますよ。

 

そしてデリケートゾーンに汗をかいたときは、拭くことでニオイの対策が可能です。しかし拭きやすい場所では、ないため何度も拭くわけにはいきません。トイレに行ったついでに、汗拭きシートで拭くという方法があります。デリケートゾーン用のシートを使用すると、トイレに流せるタイプもあり便利ですよ。