デリケートゾーンの脱毛方法

 

デリケートゾーン ムダ毛の自己処理をしていませんか?

 

デリケートゾーンのムダ毛の処理を、簡単に済ませたいからという理由で、自己処理をしていませんか?
デリケートゾーンは皮膚が薄い場所です。
ムダ毛を処理するには、気を配る必要がありますよ。

 

しかし、ムダ毛の処理をしないで、そのままにしておくことも問題です。
用を足したあとで拭いたトイレットペーパーが、アンダーヘアに絡まることもあります。また月経時の経血がアンダーヘアに、こびりつくこともあります。これらは衛生的では、ありませんよね。

 

清潔でない状態で、ムダ毛の自己処理をすると、皮膚が傷つく恐れがあります。その傷に菌が入り込むと、炎症を起こします。できものが、できることもあります。デリケートゾーンの毛穴の部分にできた、できものは毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれます。

 

デリケートゾーンが炎症したり、できものができたりすると、かゆみや痛みがあります。薬による治療が必要な場合もありますよ。このようなダメージを受けないためにも、ムダ毛は処理しておいた方が良いですね。

 

しかしムダ毛をカミソリで処理するのは、おすすめできません。
カミソリは、皮膚を傷つけやすいのです。些細な傷でも菌が侵入すれば、炎症を起こしかねません。カミソリでの無理な処理は控えましょう。毛抜きも同様です。しかもデリケートゾーンのムダ毛を、毛抜きで抜くと、かなり痛いです。

 

ではムダ毛はどのように処理するのが良いのでしょうか。
デリケートゾーンをV(ビキニライン)I(女性器周辺)O(肛門周辺)ラインと呼びます。
衛生的なことを考えると、ビキニラインはハサミで短く整える程度で大丈夫です。しかし水着が着たいときや、量が多いという方もいますよね。

 

そんなときは、デリケートゾーン用の、電気シェーバーを使って処理します。刺激を少なくするように、考えられていますよ。
そしてヒートカッターを使って、処理する方法もあります。
電気熱で毛の先を焼き切るのです。毛先が丸くなるため、処理をした後で、チクチクしませんよ。

デリケートゾーンの処理に、そこまで費用はかけられないという方は、カミソリで処理しましょう。少し前にカミソリを否定しておいて、どういうことかと言いますと、カミソリの種類を選ぶのです。

 

いまでは使い捨てのシェーバーの種類もたくさん発売されています。
Iラインの処理がしやすいような形のシェーバーがあるのです。
清潔なデリケートゾーンを保つためには、IラインやOラインの処理をするべきです。しかしシェーバーにこだわっても自己処理は危険な面もあります。

 

デリケートゾーンのムダ毛を処理する際は、まず肌を温めます。
皮膚を柔らかくして、毛穴が開くため、剃りやすくなりますよ。
そして鏡に映して処理します。処理後は一度冷やすと、カミソリ負けが軽減されます。冷たくしたタオルで、押さえるだけでもOKですよ。

 

★人気のサロンはコチラ↓

デリケートゾーンの脱毛方法記事一覧

 

エステサロンや脱毛サロンなど脱毛施術を気軽に受けられる美容施設が多く出店するようになり、誰でも気軽に部分的なお手入れから全身ケアまで希望部位の施術を受けることが可能となっています。特にデリケートゾーンとしてケアが難しいといわれてきた陰部や顔の脱毛も、最新鋭の美容マシンを活用することで肌に負担をかけずにスピーディーに施術を行えるようになったため、最近では陰部を含めた全身脱毛コースを利用する女性の割合...

 
 

デリケートゾーンの脱毛は、その恥ずかしさからセルフでやりたいと考える人も多いです。しかしそうなると困るのがどういった道具を使えば良いかなのですが、シェイバーは最も安心できる道具の1つなので安心してください。普通の剃刀と違い、シェイバーは極力刃の部分が肌に触れないようにできています。それでいて深剃りができるため、満足度の高い仕上がりになります。やはりセルフ脱毛は定期的にやり直す必要があり、毎度の手間...