デリケートゾーンの脱毛をシェイバーでやっても大丈夫?

デリケートゾーンの脱毛は、その恥ずかしさからセルフでやりたいと考える人も多いです。
しかしそうなると困るのがどういった道具を使えば良いかなのですが、シェイバーは最も安心できる道具の1つなので安心してください。

 

普通の剃刀と違い、シェイバーは極力刃の部分が肌に触れないようにできています。
それでいて深剃りができるため、満足度の高い仕上がりになります。
やはりセルフ脱毛は定期的にやり直す必要があり、毎度の手間を考えれば電動で剃れるシェイバーが一番でしょう。

 

ただし、いくつかの注意点もあります。
まず長いムダ毛は事前にカットして、短い状態にしておきましょう。
その方がスムーズに剃れますし、シェイバー内の毛詰まりも予防できます。

 

次に、シェービング用のクリームやフォームなどがあるといいです。これは肌の表面を保護したり、毛を湿らせて柔らかくする効果があります。特に肌は全く刺激なくというわけにはいきませんから、デリケートな部分ですし油断しないでください。

 

脱毛後には、保湿クリームを塗るようにしましょう。
敏感な状態になっているため、保湿をして炎症などを防ぎます。基本的には手などに使える一般的なタイプで構わないのですが、なるべく自然由来の優しい成分の入ったものにするべきです。せっかく脱毛できても肌荒れしては本末転倒ですから、面倒臭がらずに丁寧にケアしましょう。

 

シェイバー選びにも、ポイントがあります。
例えば男性の髭剃り機は、デリケートゾーンには絶対に使用してはいけません。
これは顔の皮膚は厚く男性の髭は太いことから、剃る力が強力になるよう製造されているからです。
それを皮膚が薄く敏感なデリケートゾーンに使ってしまうと、いくら刃が直接触れなくとも危険です。

 

最近ではデリケートゾーンに使うことを前提としたシェイバーも存在するので、セルフで脱毛をする予定があれば覚えておいてください。
もしもの肌トラブルに備えて、すぐに相談できる皮膚科医や脱毛サロンの把握もしておくと心強くなります。