デリケートゾーンの美白

 

デリケートゾーンの黒ずみができると、洗っても落ちませんよね。美白にする方法はあるのでしょうか?

 

そもそも黒ずみは、メラニン色素が過剰に作られることが原因です。デリケートゾーンのムダ毛をカミソリで無理に処理する、下着やピッタリしたジーンズなどの締め付けなど、デリケートゾーンの環境には良くありません。

 

これらの刺激で、炎症を起こします。すると肌を守るために、ターンオーバーが早まります。そのため十分に成長していないうちに、肌が生まれ変わるのです。だからトラブルに弱く、ダメージを受けやすいのです。刺激を繰り返すことで、次第に色素沈着して黒ずみに変化します。

 

また皮脂や古い角質が詰まることで、ターンオーバーが乱れることもあります。皮脂や角質が詰まると、ターンオーバーが遅くなります。しかもうまく排出されず、いつまでも肌に残るために酸化します。そして黒ずみへと変わります。

 

これらの黒ずみを解消して美白にする方法は、ターンオーバーを正常に戻すことです。個人差はありますが、肌は通常約28日で生まれ変わります。加齢に伴い、日数は少し遅れます。このターンオーバーを正常化すると、メラニンの過剰な生成を抑えられます。そしてダメージをはね返す力がつきますよ。

 

そのために、カミソリでムダ毛の処理をするのは控えましょう。できればエステサロンでプロに処理してもらうのが良いです。しかし費用の問題もありますよね。だから処理に電気シェーバーを使ったり、緩めの下着を選んだりして刺激を減らします。

 

できてしまった黒ずみには、デリケートゾーン用の石けんやクリームが有効ですよ。体の他の場所よりもデリケートな場所だから、優しい成分の石けんを使って洗います。グリチルリチン酸ジカリウムは殺菌成分です。漢方の甘草エキスのことで、化学成分のようですが、天然成分で、肌を健康へと導きます。このような成分で殺菌をしながら、保湿をしてくれるところが良いですね。

 

デリケートゾーン用のクリームも、天然成分を配合しており、保湿に優れていますよ。時間をかけて黒ずみに変わってしまったのです。時間をかけて美白を目指しましょう。

 

トラネキサム酸やビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑える効果があります。そしてアルブチンには、美白効果があります。美白成分ハイドロキノン誘導体として肌に働きかけますよ。このような成分が配合された、デリケートゾーン用のクリームを塗ると、ターンオーバーの正常化を促すことが期待できますよ。

 

他にも睡眠時間を確保することや、ストレスをためないことも、実はメラニンの生成を抑えることにつながります。

 

 


★湘南美容外科共同開発でデリケートゾーン専用の美白クリームです。メラニンを作るメラノサイトを止めるトラネキサム酸で、黒ずみを根本からブロックします。

 

 


★1本で3役!美白・保湿・くすみケアが可能なクリームです。保湿成分がデリケートゾーンに潤いを与え、しっかりと保湿して肌サイクルを整え潤いに満ちたすこやかな肌へ導いてくれます。

 

 

 

 


海外セレブも注目のデリケートゾーンの黒ずみ対策ジェルです。
デリケートゾーン以外にも、乳首・乳輪やワキや膝裏などの黒ずみケアにも使用できます。日本人女性のデリケートゾーンの黒ずみケアに着目して作ったジェルです。