デリケートゾーンの正しい洗い方

女性のデリケートゾーンですが、シワなどが多いため雑菌が繁殖しやすく、臭いや肌のトラブルが多い場所となります。
それらを解消するためには普段の洗い方を見直して正しい洗い方をする必要があります。

 

間違った洗い方としては、膣内までしっかりと洗ってしまうということです。中まで洗うことによって綺麗になると考えますが、逆に中まで洗ってしまうことで雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

膣内には雑菌の繁殖を抑えてくれる菌が存在するため、中までしっかりと洗うことでこちらの菌も洗い流してしまうのです。こちらの菌を洗い流してしまうことによって、雑菌が繁殖してしまい、臭いの原因やデリケートゾーンの肌トラブルともなります。

 

洗うお湯の温度も重要となり、温度が高すぎてしまうとデリケートゾーンの皮脂を余分に落とすことになるのです。必要な皮脂を落としてしまうことによって乾燥してしまい、黒ずみやかゆみを引き起こしやすくなります。

 

洗う際には温度を37度から39度程度のぬるま湯であらうようにしましょう。ボディーソープで洗うという方もいますが、デリケートゾーンを洗う場合は専用の石けんを使用したほうが良いでしょう。

 

ボディーソープの多くは界面活性剤と呼ばれる成分が含まれているため、必要な皮脂まで落としてしまいます。そのため、お湯の温度と同様に乾燥を招いてしまうのです。

 

デリケートゾーン専用の石鹸には保湿成分も含まれており、抗菌作用もあるため、こちらで洗うことによって清潔に保たせることができます。また、消臭成分が含まれている商品もあるため、特に臭いが気になるという方はそちらを使うことがおすすめとなります。

 

洗う際には指を使って洗いますが、デリケートゾーンの皮膚を傷つけてしまわないためにも指の腹を使って洗うようにしましょう。
爪が伸びている場合は短く切って整えておかば上手に洗いやすくなります。

 

洗う際には強く擦ってしまうと皮膚にダメージを与えてしまうため、やさしく洗うことが基本となります。