デリケートゾーンのかゆみ対策

 

デリケートゾーンのかゆみは、気になるために注意力が散漫になってしまうことがあります。
人前でかくわけにもいかないので嫌ですよね。
しかも、デリケートゾーンはかゆくても、かいてはいけません。

 

 

デリケートゾーンは、デリケートというだけあって、繊細な場所です。
体の他の場所よりは、皮膚が薄いために、刺激に弱くダメージを受けやすいのです。かゆくなるには、何らかのダメージを受けています。弱っているときに、かいてはダメですね。

 

デリケートゾーンは、常に下着や服を着ているため、蒸れやすくなっています。この蒸れが、雑菌が繁殖しやすい環境にしているのです。雑菌が繁殖すると、肌が敏感になり刺激されます。
この刺激がかゆみとして感じるのです。

 

では蒸れやすいのは、どうしてでしょうか?

 

デリケートゾーンには、他の場所より汗腺が多く分泌しています。
汗をかいやすいのですね。
しかし汗が出ても下着に覆われているため、汗の逃げ場がないため、蒸れてしまいます。

 

何度も拭くことができない場所でもありますよね。
だから蒸れないようにするために、通気性の良い下着にするなどの工夫が必要です。
そして摩擦による刺激も、かゆみにつながります。かゆみがあるときは、ピタッとしたスキニージーンズなどを、控えてみましょう。

 

また洗い方にも注意が必要です。皮膚の薄いデリケートゾーンは、優しく洗う程度で良いのです。
キレイにしようと、石けんでゴシゴシ洗うことは避けましょう。
しかも洗い残しがあっても雑菌が繁殖することがあります。
かゆみのあるときは、刺激の弱い石けんを使って、優しく洗いましょう。

 

問題は肌だけでなく、ストレスを溜めこむことで、かゆくなっていることがあります。
ストレスは体に、さまざまな不調を引き起こします。
これは自律神経の乱れから、免疫力が落ちるからです。
免疫力の低下から、デリケートゾーンが敏感になり、かゆみにつながるのです。

 

ホルモンバランスの乱れも、かゆみと関係しています。
出産や更年期などで、女性はホルモンバランスが乱れやすい時期があります。
そんなときもデリケートゾーンは、刺激に敏感に反応します。
生理前後のおりもので、かゆみがあらわれるのも、ホルモンバランスが乱れているからなのですね。

 

蒸れないように改善に取り組んでも、かゆみに変化がない場合は、病院に行くという方法も考えてみましょう。
かゆみくらいと思っていても、実は病気が潜んでいる場合があります。
不安に思っているときは、専門家に相談することも大切です。

 

 

 

 

 

 

フェミニーナ軟膏 デリケートゾーンのかゆみ・かぶれを鎮めます。
薬局で購入できます。
使いやすいクリーム状の治療薬でステロイド剤を使用しておらず安心です。
詳細はこちら ⇒ フェミニーナ軟膏